Bla-bla-bla

お気に入りのものや日々のことなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠の僕たち

eien.jpg

監督:ガス・ヴァン・サント
キャスト:ヘンリー・ホッパー ミア・ワシコウスカ 加瀬亮 シュイラー・フィスク ジェーン・アダムス

切ないけれど、瑞々しくって、美しくて。
キュンキュンしちゃう。

最近のお葬式は、ブラックじゃなくても良いんだね。
確かに、明るい服装の方が気分が沈みこまない気がするし、
明るい日差しの差す、開放的な雰囲気の式場は素敵だ。
個人的には、お葬式の黒って、艶があって美しいと思うのだけれど。

お葬式めぐりをする人の話って、他でも見たことがあるような
気がするけれど、どうしても思い出せない。
映画じゃなくて、小説だったかな…?

過去の辛い経験から死に囚われた男の子と、末期ガンを抱えた
ちょっと風変わりな女の子の出会いの場面から、すっかり
惹きこまれてしまう。設定自体は重くて、とても切ないのに
味わいは爽やかなんだよね。

主演の2人+1人の演技と存在感、そこに流れる空気そのものが
とっても好みだった。ヒロシという幽霊の存在も違和感なく
溶け込んでいて、3人で会話するシーンが大好き。

アナベル役のミア・ワシコウスカのスタイル、服や髪形がどれも
とびっきりチャーミング!!ヴィンテージっぽい服がほんっと
似合うわぁ。アリスの時はあんまり印象に残ってなかったけど、
『キッズ・オールライト』といい今回といい、いい女優さん
だなぁって再認識。

そして、ヘンリー・ホッパー君!
デニス・ホッパーの愛息子ってこと、エンドクレジットまで
気づかなかったよー。一見、寝癖ヘアの王子様みたいなルックス
だけど、臆病で繊細なイーライ役がピッタリで、微妙な表情
とか素晴らしかった~。これからも注目です。

天使のような幽霊役の加瀬君も、負けじとチャーミングだったよ。
こういう作品で、日本人がメインキャストで出てるのを
見られるのが嬉しい。あの髪形も、案外似合ってるし。
出せずじまいだった手紙の美しいこと。

個々の設定はちょっと変わってるけど、中身は存外ストレートな
青春恋愛映画だと思う。だからこそ、ひたむきに生きてる
彼らの姿にキューンと胸を打たれるのだ。

-2 Comments

えりりん says..."No title"
うわーん(ToT)
いつの間にか終わってたぁ(ToT)
なんか面白そう。
エル・ブリの秘密観たけど、ずっと料理の創作してました。
2012.01.25 23:10 | URL | #4JcWZNxE [edit]
gordita107 says..."No title"
>えりりん

面白かったよー。
登場人物がみんな良かった。
DVDが出たら、ぜひ見て。

エル・ブリはアートなのね。
食べ物系の映画見ると、たいていお腹が
空いちゃうんだけど。
2012.01.26 12:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://queondaguey.blog100.fc2.com/tb.php/76-36229f69
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。