Bla-bla-bla

お気に入りのものや日々のことなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キック・アス

kickass.jpg

監督・脚本:マシュー・ヴォーン
キャスト:アーロン・ジョンソン クロエ・グレース・モレッツ クリストファー・ミンツ=プラッセ ニコラス・ケイジ

単純なおバカ系B級作品かと思ったら、そうではなく。
手放しで絶賛するには少々血生臭いんだけど、バランスのとり方が絶妙で、クール。
最近のブラピはホントいい仕事してる!

(※少々ネタバレを含みますので、一応隠します。)

かなり大げさに描いてるとは言え、キックアスに扮したデイブがギャングに
ボコボコにされるのを、近くの店にいた大勢の客が誰一人として通報せず、
ひたすら写メやムービーを撮ってる描写が、薄ら寒くて怖い。

自分を含め、今の社会ってこうなんだよなぁって、リアルに見せつけられたような。

スーパーヒーローに憧れたデイヴが、後先考えず行動しちゃう姿勢は
小さい子供と変わらないんだけど、多くの人が暴力をただ黙って見過ごしてるだけ
なのが許せない…っていう台詞には、ちょっと胸を打たれちゃった。

モテないオタク役のアーロン・ジョンソン君が、かわいいのです!
とはいえ、顔立ちがキレイ過ぎて、本当にモテナイ男子には見えないんだけどね。
ダサいカッコしてても、オーラがあるんだもん。

その彼よりもむしろ目立ってた、ヒットガールのクロエちゃんもかわいい~。
キルビルばりのアクションシーンが、痛快。
見慣れたアクションでもどこか斬新に感じるのは、可憐な少女だから?

アクション俳優としてのニコラス・ケイジより、昔の作品の方が好きだけど、
(『月の輝く夜に』とか『バーディ』とか好きだった)
この作品はハマリ役で良いよー。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://queondaguey.blog100.fc2.com/tb.php/7-ab947838
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。