Bla-bla-bla

お気に入りのものや日々のことなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近見た映画('11 8~9月)

今年の夏はあまり映画館に行けなかったので、DVD観賞が多め。


★『借りぐらしのアリエッティ』 監督:米林宏昌

DVDにて観賞。
上手くまとまってはいるんだけど、その先の世界に広がりが
ないのが、ちょっと寂しいかも。でも、アリエッティの冒険には
ワクワクした~。世界観や美術がジブリらしくて、素敵。


★『バーレスク』 監督:スティーヴン・アンティン

これもDVDにて観賞。
クリスティーナ・アギレラって特別美人じゃないと思うけど
素に近い感じの表情がキュート。シェール、結構好き
なんだけど、思ったより見せ場が少なくて残念。
それにしても、スタンリー・トゥッチの役どころって
まんま『プラダを着た悪魔』とかぶってない??


★『ツリー・オブ・ライフ』 監督:テレンス・マリック

予告編を見て普通の家族ものかと思っていたから、宇宙の始まり
(キリスト教的に言えば天地創造)の映像に、ビックリ。
まるで、ナショナル・ジオグラフィックのような。
かなりキリスト教色が強い作品だけど、宇宙(神)の普遍的な愛と
ともに、息子と母親、そして父親の関係という、誰しも共感できる
小さな世界観も描かれていて、なんとも不思議な感覚。
幻想的な母親のイメージがすばらしく美しかった。
頑迷な父親役のブラピが良いですー。


★『パレルモ・シューティング』 監督:ヴィム・ヴェンダース

ヴィム・ヴェンダース…!!
分かりにくいようでいて、結構シンプルな映画なのかも。
美しい映像と音楽と、その空気感を味わえれば、それで十分。
特にイタリア・パレルモの街の景色が素晴らしくて、もうウットリ。
主演のカンピーノは、ドイツの人気バンドのボーカルなのね。
デニス・ホッパーをまたスクリーンで見られたのも、嬉しい。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://queondaguey.blog100.fc2.com/tb.php/53-472adc5c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。