Bla-bla-bla

お気に入りのものや日々のことなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

127時間

127.jpg

監督:ダニー・ボイル
キャスト:ジェームズ・フランコ ケイト・マーラ アンバー・タンブリン リジー・キャプラン クレマンス・ポエジー ケイト・バートン 

ダニー・ボイルに、ゾッコン。

(※一部ネタバレを含むので、一応隠します)

山岳もの?サバイバルもの?といったらいいのか、ジャンル的には
あまり好みじゃないかな、って観る前は期待していなかったけれど
いい意味で裏切られたなぁ。

限定されたスペースの中、ほぼ主人公の一人芝居だったにも関わらず
最後まで飽きることなく見せてくれた監督の手腕に、改めて感服。

現実と夢が混在したような、ファンタジックな回想シーンはすこぶる
美しく、一方で現実はあくまでリアルで生々しく。痛いのが苦手な
私は、直視できない場面も多々あったあったのだけれど、こんなに
胸を打たれるなんて。抜け出した後の躍動感が、素晴らしい~。
汚いはずの泥水だって、キラキラ光って見えちゃう。

もちろん、いつもながら映像と音楽も素晴らしく。
今まで蜘蛛男でしか知らなかった、ジェームズ・フランコ君も
ピッタリで良かったよー。

ダニー・ボイルの他の未見作品も観たくなっちゃった。
(キリアン主演の『サンシャイン2057』とか)

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://queondaguey.blog100.fc2.com/tb.php/46-f6096f7e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。