Bla-bla-bla

お気に入りのものや日々のことなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Somewhere

somewhere.jpg

監督・脚本:ソフィア・コッポラ
キャスト: スティーブン・ドーフ エル・ファニング クリス・ポンティアス

あぁやっぱり、ソフィア大好き!
今の気分にピッタリな、とても優しい映画でした。

(※ネタバレを含む可能性があるので、一応隠します)

特に序盤は台詞も少なく、状況説明なんかもほとんどないけど
それをちっとも退屈に感じることはなくて、ポールダンスの
デリバリーサービス!に思わずワクワクしたり、彼がどんな
人物なのか頭の中であれこれ想像してる内に、
自然と物語に引き込まれていった。

音楽やカメラワークは言わずもがな、例のポールダンスに始まって
フィギュアスケートとか、ホテルのロビーでの弾き語りとか
あらゆる所にソフィアの感性が光っててて、いちいち
ツボにはまっちゃう。

父親役のスティーブン・ドーフも、どこか冴えないうらぶれた雰囲気
がピッタリだったけれど、11歳のエル・ファニングが本当に
瑞々しくて、それはもう素晴らしく魅力的なの。

彼女と対比するかのように、父親の周りの女性がみんな肉感的で、
完成された女って感じなのもおもしろい。

二人の心が少しずつ寄り添っていく様子を、台詞に頼らずに丁寧に
描写していて、まるでアイスが溶け出すように
じんわり、じんわり心に染みていく。

ロードムービー的な要素があるのも、私好みだったな。
すっかり、ソフィア・コッポラの中で一番のお気に入り作品に。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://queondaguey.blog100.fc2.com/tb.php/22-e5209def
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。