Bla-bla-bla

お気に入りのものや日々のことなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メキシコ映画のススメ

アカデミー賞の速報を見た瞬間、思わずガッツポーズ!
イニャリトゥ、4冠おめでとう~!!!

昨年のアルフォンソ・キュアロンに続いての快挙ですね。
もちろん映画の良し悪しは受賞歴で決まるという訳じゃないし、アカデミー賞はあくまで
アメリカの映画賞の一つに過ぎないんだけど、ハリウッドというメジャーな場において
メキシコ人監督の撮った作品が評価されたというのはやっぱり嬉しいです。

動画サイトでちょっぴり見ただけですが、移民の事に触れてたスピーチも良かったなぁ。
ギジェルモ・デル・トロと、アルフォンソ・キュアロンの名前も出してましたね。
この仲良しさんめっ。

そうそう!『ゼロ・グラビティ』は個人的にはそんなに…な作品だったんだけど、2年連続で
撮影賞を受賞したエマニュエル・ルベツキもメキシコ人だったんですね。スペイン語っぽく
ない名前なので気づかなかったよ。で、改めて調べてみたら、『赤い薔薇ソースの伝説』
『彼女を見ればわかること』『天国の口、終わりの楽園』『ツリー・オブ・ライフ』
…等々、私のお気に入り作品をたくさん撮影されていたことが判明!
つか、なんで今まで気づかなかったんだ。これから、ルベツキの撮影している
作品も要チェックだなー。

私自身、例えばホドロフスキー作品とか、有名どころでもまだ見ていないメキシコ映画も
多々あるんですが、せっかくなので、メキシコ映画なんて見たことないよーって人
のために、お気に入りのメキシコ映画をちょこっとだけご紹介。


amoresperros.jpg

『アモーレス・ペロス』 原題"Amores Perros" 2000年
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

イニャリトゥの監督デビュー作であり、メキシコを代表する俳優の一人、我らがガエル君の
デビュー作でもあります。闘犬をする若者、スペイン人のモデル、殺し屋の老人の3人が
それぞれ主人公を務め、3つの異なるストーリーから成るオムニバス形式の作品。
どのお話にも犬が出てきます。原題は「犬のような愛」という意味。
静けさと孤独感、ふつふつとした熱が共存する、パワーを持ったお話。
好き嫌いが分かれそうだけど、この濃ゆさがたまらない魅力。


Ytumamatambien.jpg

『天国の口、終わりの楽園』 原題"Y Tu Mama Tambien" 2001年
監督:アルフォンソ・キュアロン

メキシコ人の若者二人が、スペイン人の人妻と一緒に旅をするロードムービー。
邦題は少々キレイ過ぎる気がするけど、旅の途中で映し出されていくメキシコの風景が
それはもう美しくて、本当に天国のように思えてくる。この映像を撮っているのが
エマニュエル・ルベツキです。もっとも、原題は邦題とは全然違って「お前の母さんもな」
っていう意味なんだけど。(最後まで見ると意味が分かります)
ロードムービーとしても、青春ものとしても秀逸で、大のお気に入り。
すごく「メキシコらしい」映画。音楽も最高!


comoaguaparachocolate2.jpg

『赤い薔薇ソースの伝説』 原題"Como Agua Para Chocolate" 1992年
監督:アルフォンソ・アラウ

幻想的というか、一種独特のオカルトのような、不思議な雰囲気を持った作品。
家の古いしきたりによって恋人と結婚できず、自身の姉と結婚することになった恋人と
同じ家で暮らす娘が主人公で、彼女が作る料理が食べた人達の心を揺さぶっていく
描写が面白すぎる。テーマ的には『ショコラ』と似たような部分があるけど、
こちらはかなりブッ飛んでます。母親の存在感も強烈。
ちょっと古い作品だけど、最近DVDが再販されました。(DVD欲しい…!)


frida.jpg

『フリーダ』 原題"Frida" 2002年
監督:ジュリー・テイモア

これはメキシコ映画じゃなくてアメリカ映画なんだけど(言語も英語だし)、見終わった後
すっごくメキシコに行きたい!!って気分になる作品。メキシコを代表する女性画家
フリーダ・カーロの伝記モノで、芸術家としてのフリーダより、人間として、女性
としてのフリーダにより多くスポットを当てている印象。熱演のサルマ・ハエックが
結構似てます。夫のリベラ役はアルフレド・モリーナ、トロツキー役を
ジェフリー・ラッシュが演じるなど、周りも良キャスト。


rudoycursi.jpg

『ルドandクルシ』 原題"Rudo Y Cursi" 2008年
監督:カルロス・キュアロン

イニャリトゥとキュアロン、デル・トロの3人が作った、チャチャチャフィルムズが制作
した初めての作品。重い作品は苦手、軽い映画が観たいという人にお勧め。
かなり、ゆる~いメキシコ風コメディ。くだらなくって、面白い。
『天国の口、終わりの楽園』のガエル君&ディエゴ・ルナの再共演もファンには
嬉しいポイント。


割と最近の作品だと『グッド・ハーブ』や『マルタのことづけ』もおすすめです~。
あと、個人的にはグダグダ系B級映画(クライムアクション)のくくりなんだけど
映画評価サイトでは意外と評価が高い『カクタス・ジャック』も面白いかも。
ぜひご覧あれ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://queondaguey.blog100.fc2.com/tb.php/170-f3112a9b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。