Bla-bla-bla

お気に入りのものや日々のことなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ旅行①

ちょっと前ですが、突発的にトルコに行ってきました。
いつか訪れてみたい国の一つではあったけれど、ローシーズンでかなりお手頃
価格だったのに心惹かれ(笑)ちょっとしたトラブルもあったけれど
結果的には、ものすごーく楽しかった!!

てな訳で、忘備録的な旅行記を綴っていきます。

セントレアから成田経由で、イスタンブールへ。
成田からはトルコ航空の直行便で、所要約12時間のフライト。
もちろんエコノミーだけど、今回はモニター前の当たり席で、しかもお隣が空席
だったので、比較的楽な長距離移動でした。

13時頃に成田を発った飛行機は、18時頃ほぼ定刻でイスタンブール到着。
入国審査を無事済ませ、この日はそのままバスでホテルへ。
翌日も早朝出発なので、大人しく就寝。

PC080036A.jpg

朝目覚めると、ホテル向かいのモスクからアザーンが!
政教分離のトルコでは、お酒だってほとんど自由に飲めるし、街を歩く女性も
頭にスカーフを巻いていない事が多いけど(これは地域にもよるらしい)
やっぱりイスラムの国なんだなぁと実感して、ちょっと嬉しい気分に。

IMG_1207.jpg

今回の旅は、トルコの各都市を周遊する観光つきのツアーなので、
イスタンブールの街とはひとまずお別れ。大型バスに乗って
一路トロイを目指します。

PC080044A.jpg

途中でランチをとった、ドライブイン的なレストランの前にいたトルコ犬。

この先も、色んな場所でたくさんのわんこに出会うけど、どの子も体が大きくて
おとなしくて、賢そうな子ばかり。人間を怖がっておらず、威嚇もしないし、
人間の方でも犬を怖がっていない。ガイドさんの話では、昔は野良達がたくさん
子供を生んで数が増えてしまったので、今では国(自治体)が去勢して
管理タグを付ける、という対応をしているそう。トルコでは、犬猫の
殺処分はしない方針なんだとか。

サラっと言ってるけど、これって本当に素晴らしい……!!!
こういう話を聞くと、どうして日本で同じことができないのかって考えてしまう。

PC080049.jpg

日本の約2倍の国土を持つトルコを周遊する旅なので、バスの走行距離も半端
ないです。この日は、イスタンブールから次の宿泊先先@アイヴァリクまで
トータル約9時間のバス移動。でもこれが、意外と苦にならない…
どころか、むしろ楽しかった!のだ。

車窓から街や自然を眺めてるのだけでも楽しいのに、トルコの文化や風習に
ついてガイドさんが色々と話をしてくれるので、退屈知らず。

PC080059.jpg

6時間ほど走った後、港のフェリー乗り場に到着。
ここからバスごとフェリーに乗って、ダーダネルス海峡を渡ります。

PC080061.jpg

海風が冷たいけど、気持ちいい~。
カモメ達がずっとフェリーの周りを飛び回ってます。

フェリーは30分ほどで対岸のチャナッカレへ。
ここからまたバスで一時間ほど走ると、お待ちかねのトロイ遺跡。
少年シュリーマンが夢見て、執念で見つけた古代都市です。

PC080088.jpg

入口にそびえ立つ、有名なトロイの木馬。
単なるおもちゃ(観光客向けの作り物)だけど、分かりやすくてイイ。

PC080069.jpg

トロイ遺跡は世界遺産だけれど、(おもちゃの木馬以外に)派手な建造物がある訳
ではなく、見た目が地味なので、素人がパっと見て面白い感じではないです。
自分達だけだったら、もっとサラっと通り過ぎてしまったかもしれないけど
現地ガイドさんの丁寧な説明があったおかげで楽しめました。

現地ガイドのドアンさんは、大学でイタリア語と歴史を専攻し、英語、日本語、
スペイン語、フランス語も堪能なインテリで、ミレーのアウターにディーゼルの
デニムを履いたオシャレなナイスミドル。ツアー旅行にやや懐疑的だった私に
今回このツアーを選んで良かった~って心から思わせてくれた、
ものすごーーく素敵な人!

ドアンさんの話を聞いてると、あぁもっと勉強しなきゃ、って思えてくるもの。
イリアスとオデュッセイアも、死ぬまでに一度読んでみたい。

PC080082.jpg

この日はとってもいいお天気だったけど、観光客の姿はまばら。
遠くのモスクからアザーンが聞こえてきて、またまた嬉しくなってしまう。

IMG_1253.jpg

遺跡の中にも、わんことにゃんこが。

PC090096.jpg

トロイ遺跡を後にし、すっかり日が暮れてから本日の宿泊地アイヴァリクに到着。
翌日もやっぱり出発が早いので、この日もおとなしく就寝です。
次は、大興奮のエフェソスへ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://queondaguey.blog100.fc2.com/tb.php/132-319d7d92
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。