Bla-bla-bla

お気に入りのものや日々のことなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近みた映画まとめ('13.5-6月)

また色々とトラブルがあったので、しばらくブログは放置状態になりそうです。
エースは相変わらず元気いっぱいですが。

ここ2か月ほど映画館には全然通えてないし、ネタ的にはしばらく前のこと
なんだけど、やっぱり言いたい。

ホビット第二部は、日本公開延期だってさ!!!
(。´Д⊂) ウワァァァン!!

世界的に大ヒットしている中、日本でだけ興行がイマイチだったと聞いて
色々心配してたんだけど、イヤな予感があたってしまった。

基本一つの作品で一度しか映画館に行かない私的には、自己最高記録で
3回劇場に通ったんだけどな(しかも内2回はIMAX)。なんなんですか、
やっぱり30回くらい見ないとマズかったんですか!?つか、本当に
何十回も劇場に通ってる熱心なファンの方も多いというのにーー。
日本の風土に合ってないのかね。

まぁ決まってしまったものは仕方ないので、気長に待ちますけども。
上映館が極端に減らないかも微妙に心配だったり。


『ハッシュパピー バスタブ島の少女』 監督: ベン・ザイトリン

オープニングからの映像が、もうたまらなく素敵でした。
生命力に溢れてて、この世界はなんて美しいんだろうって、有無を言わさず
引き込まれてしまうようなパワーがあって。その後の展開はちょっと
テンポが悪いかなと思う部分もあったけれど、ハッシュパピーも
周りの大人達も魅力的だったよ。


『伏 鉄砲娘の捕物帳』 監督:宮地昌幸

DVDで鑑賞。
江戸に似た街が舞台なんだけど、色んなテイストの混じった異世界っぽい設定。
背景美術がとにかく素晴らしく美しい!!色遣いがサイコー。
監督はジブリ出身の方だそう。切ない系のファンタジーで、けっこう好き。


『僕達特急 A列車で行こう』 監督:森田芳光

DVDで鑑賞。
鉄道オタクという設定を生かして、うま~く話が転がって面白かった。
松ケンがエリートビジネスマンってのは(個人的に)ちょっと違和感があった
けど、どこかダサイ髪型とファッションがほんとよく似合うわ~。
瑛太も、人好きのするオタク役がハマっててよかった。
キャバクラ通いが趣味の父親・笹野さんが相変わらずいい味出してるw
森田監督はこちらが遺作になってしまったんですよね。
心よりご冥福をお祈りいたします。


『桐島、部活やめるってよ』 監督:吉田大八

DVDで鑑賞。
劇場公開時にキャッチーなタイトルが気になっていた作品。
『腑抜けども、悲しみの愛をみせろ』の吉田大八監督。
いやこれ、めちゃくちゃ面白かった!青春モノで群像劇という私好みの設定。
冴えない文系男子が所属してるのが、映画部っていうのもいいよね。
見た目よりずっと繊細で、ゆらゆら揺れて、がむしゃらなようでどこか
冷めている、青臭さが愛おしい。自身の学生時代の景色とも重なって
匂いや風を肌で感じられるような懐かしさも。


『シャーロック シーズン1&2』

映画じゃないけど、ここに書いちゃう。
BBCの新ホームズが面白いよ~と随分前から噂には聞いてたんだけど
ようやくレンタルで観られました。いやー、ほんっと面白いわ。
スタイリッシュな映像と、PCや携帯を駆使する現代のホームズ&ワトソン
コンビが違和感なくて、夢中になって見てしまった。『裏切りのサーカス』
でしか知らなかったけど、カンバーバッチ君素敵じゃないですか!
マーティン@ワトソンも、すごくハマってて良い。
ガイリッチー版の映画とはまた全然違って、こちらの方がちゃんと謎解き
してる感じ(笑)個人的にはどちらも違った魅力があって好き。



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://queondaguey.blog100.fc2.com/tb.php/129-9412d40c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。