Bla-bla-bla

お気に入りのものや日々のことなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日

lifeofpi.jpg

監督:アン・リー
キャスト:スラージ・シャルマ イルファン・カーン アディル・フセイン タブー レイフ・スポール ジェラール・ドパルデュー

小さなボートの上でも、想像力には無限の可能性が。

緑に囲まれた美しい動物園で、優雅に歩く動物たちを見た瞬間から
ずうっとワクワクしっ放しだった。その想いは、パリの市営プールの
光景で決定的なものに。

IMAX 3Dで観たのだけれど、今まで見てきた3D作品の中では(かの有名な
アバターは未見だけど)もっとも自然な雰囲気で、画面から飛び出してくる
ドキドキ感というより、目の前に本当に存在しているかのような
立体感が感じられる作りでした。

トラの表情とか毛並とか、すごくリアルに感じられたんだけど、あれってCG
なんだよね?でも、あまりそういうことが気にはならず、それはもう夢中で
画面に向かっていたよ。現実にはお目にかかることのないであろう大きく
海面に飛び出すクジラも、無数のクラゲやミーアキャット達も、幻想的で
突拍子もなくて、心踊らずにはいられない~。

最後の最後に、すぐには話が呑み込めなくて、一瞬あれ?って思ったのだけど
かえって納得がいった形。だからこそああいう撮り方だったのね、って。
ある日突然壮絶な環境に置かれてしまった少年パイの、それでも
最後まで生き抜いた精神力に敬意を表したい。

アカデミー監督賞をはじめ、4部門の受賞おめでとうございます~。
音楽も素敵だったよ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://queondaguey.blog100.fc2.com/tb.php/125-77af129f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。