Bla-bla-bla

お気に入りのものや日々のことなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブン・デイズ・イン・ハバナ

sevendaysinhavana.jpg

前から楽しみにしていた、ハバナを舞台にした7人の監督による短編集。
久しぶりの、ハバナの匂い!

各短編の中で一部キャストがかぶっていたり、設定が微妙につながっている
作品もあれば、他のとは独立した作品も。

個人的には、1・2話目がピークだったんだけど、どちらも外国人視点の話
なんだよね。ハバナの古い街並みや、現役のクラシックカー達が、
それはもう美しく描かれていて、うっとり。

ハバナには一度だけ、それも3日しか滞在したことがなくって、あまり良い
思い出もないんだけど、こうやって映像を眺めてると、本当に楽園のように
見えてきちゃうから不思議。いつかもう一度行ってみたいな。



・月曜日 "ユマ" 
監督:ベニチオ・デル・トロ
キャスト:ジョシュ・ハッチャーソン ウラジミール・クルス デイジー・グラナドス オテロ・レンソリ

監督名とかは後からチェックしたんだけど、デル・トロ作品と知って嬉しい~。
キューバに来たアメリカ人の男の子の、いかにも「ありそう」なお話。
ラストの微妙な雰囲気とか好きだわー。


・火曜日 "ジャム・セッション"
監督:パブロ・トラペロ
キャスト:エミール・クストリッツァ アレクサンダー・アブレウ

今回の中で、一番のお気に入り!!
イメージ的には陽気でいい加減(っぽい)キューバ人が、世界的に著名な
映画監督に逆に振り回されるっていう最初の設定も面白かったけど、
音楽を愛する寡黙なキューバ人のドライバーと、飄々とした
クストリッツァのやりとりが妙にハマってていいんだよね~。
大前提として、クストリッツァという人物ありきの作品なんだけど、
海辺で語らう二人の後ろ姿が、泣きそうなくらい幸せな光景で
天国みたい、って思った。もちろん、音楽も最高!


・水曜日 "セシリアの誘惑"
監督:フリオ・メデム
キャスト:ダニエル・ブリュール メルヴィス・エステベス レオナルド・ベニテス

ストーリー的には、結構ありがちな話かな。
ダニエル・ブリュール君ってこの手の役をやると、とことん胡散臭い
感じになるよね(笑)


・木曜日 "初心者の日記"
監督:エリア・スレイマン
キャスト:エリア・スレイマン セバスチャン・バリオ

ちょっとわざとらしい感じもするけど、主人公のオジサンとホテルのメイドの
やりとりなんかは好き。全然終わらないカストロの演説に笑った。


・金曜日 "儀式"
監督:ギャスパー・ノエ
キャスト:オテロ・レンソリ クリステラ・ヘレラ ドュニア・マトス

禊のような儀式は何のため?と思ってたんだけど、同性愛の穢れを
払うためだった…と、後からサイトを見てようやく理解。
でも、見ている間は煙に巻かれたように感じてしまった。


・土曜日 "甘くて苦い"
監督:フアン・カルロス・タビオ
キャスト:ミルタ・イバラ ホルヘ・ペルゴリア メルヴィス・サンタ・エステベス ベアトリス・ドルタ

基本はドタバタコメディだけど、ちゃんと落とし所もあって割と好き。
主人公の女性はテレビに出るほどの識者なのに、隠れてケーキ作りの
副業をしちゃうあたり、ラテンアメリカっぽい感じ。完成した
ケーキは、意外なほど見事な出来栄え!


・日曜日 "泉"
監督:ローラン・カンテ
キャスト:ナタリア・アモーレ オテロ・レンソリ アレクシス・ヴィダル

こちらもドタバタ系で、楽しかった。
おじいちゃんから、小さな子供達まで総出で、無理やり家の中に水槽を
作っちゃうって…女神様のお告げだと、突然こんな事を言い出した
おばあちゃんはハタ迷惑だなぁと思いつつも、皆でバケツリレー
してる姿はたくましくて、平和そのもの。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://queondaguey.blog100.fc2.com/tb.php/105-d3bbbbcc
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。