Bla-bla-bla

お気に入りのものや日々のことなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近みた映画まとめ('12.9~10月)

まだ劇場からは遠ざかってますが…
秋映画もぼちぼち見たいものがあって、楽しみ。
ホビットも、もうすぐ(12月)だし!
11月、WOWOWはラテンアメリカ特集だよー。嬉しい。
(低開発の記憶、永遠のハバナ、瞳は静かに、グッドハーブ
…等々、ほとんど見たことあるやつだけど、どれもおすすめ。)


『最強のふたり』監督:エリック・トレダノ オリヴィエ・ナカシュ

設定だけ聞くと、あまりにベタじゃないかと思ってしまうのだけど
実話に基づいてるんだよね(むろん脚色はあるにしても)。
この手の話を、いかにも泣かせる風でなく、爽やかに仕上げていて
好感触。ドリスの振る舞いや物言いは、確かに失礼で容赦がない
けれど、なんとも小気味よくて、うっすら羨望さえ抱いてしまう。
次第に心を通わせていく二人が、とっても素敵だった。


『危険なメソッド』 監督:デヴィッド・クローネンバーグ

マイケル・ファスペンダーはとってもセクシーで素敵なんだけど、
あんなキッチリとした老紳士スタイルでさえ色気を醸し出してる
ヴィゴがすごい(笑)逆に、キーラ・ナイトレイには相変わらず
エロスを感じないんだけど、熱演でしたね…。
この作品も面白くはあったのだけれど、イースタン・プロミスの
続編が製作中止になったっていうのは、ものすごく残念!
チョイ役だけど、ヴァンサンの出演はうれしかったな。


『キャプテン・アメリカ ザ・ファーストアベンジャー』 監督:ジョー・ジョンストン

アベンジャーズが初見だったキャプテン。
ちょうどWowowでやってたので、後追いで観賞。
特につまらないというほどではないんだけど、さほどワクワク感もなく、
良くも悪くも、小さくまとまってるような印象。
でも、最初は全力でダッサー!と思っていたあの衣装にも慣れてきた
どころか多少の愛着すら湧いてきたし、アベへのつながりという
意味では見るべき価値はあるかと。


『マイティ・ソー』 監督:ケネス・ブラナー

こちらも後追いでブルーレイで観賞。
キャプテンアメリカと似たような感想になっちゃうけど、特別
つまらなくもないけど、面白いと言う訳でもなく…話自体はベタだしね。
巨人や友人のキャラが全然生かされてないのが、もったいないかな。
ソーはほんと、アホの子ですね~(笑)でも笑顔がかわいい。
アベンジャーズではイマイチ印象が薄かったけれど、次回作からは
愛着を持って見られそうです。


『ソーシャル・ネットワーク』 監督:デヴィッド・フィンチャー

ブルーレイで鑑賞。
Facebookの成り立ちを、過去を振り返る形で淡々と描いてるんだけど
青春ものの要素もあって、そういう意味では私好みだったな。
主演のジェシー・アイゼンバーグ君、喋りはかなり特徴的なんだけど
見た目は何の変哲もないフツーの男の子って感じがイイ。
微妙な表情の変化に、グッときた。親友役のアンドリュー・
ガーフィールド君もよかったよー。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://queondaguey.blog100.fc2.com/tb.php/103-bee9ee08
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。