Bla-bla-bla

お気に入りのものや日々のことなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

年々ブログにかける時間がとれなくなってきたのと、モチベが維持しづらく
なくなってきたのでブログ休止いたします。

まだ様子見だけど、とりあえずツイッター始めてみました。

スポンサーサイト

最近みた映画まとめ(2016年3~4月)

magicalgirl.jpg

この時期は毎年アカデミー賞関連作の上映が多いので、いつも見たい作品が
あり過ぎて困ってしまう。ガエル君主演のドラマ見たさにアマゾンプライム
にも入ったので、ぜんぜん消化しきれない・・・。

シビルウォーはとりあえず一回目を見て、超超面白かったんですが、まだこれから
2回目を観る予定なので、レビューはまた後日。


以下、3-4月に見た作品まとめ
(★…星1個 ☆…星半分)

『シャーロック 忌まわしき花嫁』 

DVDまで待ってもいいかと思いつつ、やっぱり我慢できずに劇場で見てきました。
こちらは映画作品ではなくてTVドラマを劇場公開しただけなので、評価はナシ。
私は劇場用作品でないことは知っていたのだけれど、普通の映画作品と勘違いして
鑑賞して、何これ意味分かんない??ってなった人も多かったそうで…
確かに宣伝の仕方は分かりづらいので、改善が必要だよね…。
そういった経緯も多少影響してか、手厳しい評価が多いようですが、個人的には
結構面白かったです。最初こそ、せっかく現代版のシャーロックなのになんでわざわざ
ヴィクトリア朝時代の話にしちゃったの…って思っていたけど、現代版とうまーく
リンクしてて、いつもと違う雰囲気も、お正月の特別版と思えば楽しめたし。
でもやっぱり、現代のシャーロックとジョンの方が好きなので、戻ってくると
安心します。おまけの映像もファン的には嬉しい内容。
新シリーズが今から楽しみ~。


『火の山のマリア』 監督:ハイロ・ブスタマンテ ★★★☆

劇場にて鑑賞。
日本では珍しいグアテマラ映画。
活火山の近くにあるマヤ人の貧しい農村が舞台で、祈祷師やら昔ながらのまじない的な
風習が残っていたりと、現代的な街の生活とは一見かけ離れているように見えて
マリアがとった行動自体は、思春期の少女にはありがちなものなんだよね。
マリアが意思表示に乏しい子ということもあって、勝手に結婚を決めたりと、最初は
ちょっとどうかな~と思っていた母親が、実はすごく娘思いのいい母親で、警察署で
大声で何度も(言葉の通じないマヤ語で)叫ぶ姿をみて、このお母さんがすっかり
大好きになってしまった。マヤの美しい衣装が堪能できたり、素朴だけれどあまり
自由のきかない、迷信やまじないが色濃く残った農村の暮らしぶりは興味深くて
そういう意味では面白かったです。


『Mrホームズ 名探偵最後の事件』 監督: ビル・コンドン ★★★★

予告編のかっこいいイアン・マッケランにつられて、劇場にて鑑賞。
ミステリー作品という紹介のされ方だけれど、謎解きには重きを置いていないと思われ。
むしろ重厚な人間ドラマです。本格的な謎解き要素とバディものの色が強い現代版
シャーロックに、アクション派のダウニーホームズと色々あるけれど、こちらはとっても
情緒的なホームズ。どれも毛色が違うけど、全部好きだなー。今更ながら、シャーロック・
ホームズというアイコンには無限の可能性があるのね、と気づいた。
純粋なミステリーとしては物足りないだろうけど、一つの映画作品としては、老いや
孤独といったテーマを静かに、美しい映像とともに描き出していて、好きな雰囲気。
全体的に暗い雰囲気の中、老いたシャーロックと対となる、幼く聡い少年の
瑞々しさったらない。日本パートは少々異世界感があったけど、露出は少ないので
あまり気にならず。むしろ小道具や美術は、全体的にはいい感じ。
なんといってもイアン・マッケランが素敵すぎるので、もうそれだけで大満足なのよねー。
60代と90代のホームズの演じ分けに脱帽!サー・イアンは実年齢76歳らしいので
ちょうど中間ぐらいの年齢ですね。海水浴の帰り道、麦わら帽子にガウンに
ボーダー柄のタオルという出で立ちが、最高にキュートでした。


『マジカル・ガール』 監督:カルロス・ベルムト ★★★★☆

劇場にて鑑賞。
いやもう、鳥肌が立つほどの面白さ…!早くも今年のベスト作品候補。
しょっぱなからグイグイひきこまれて、その後の展開がどうなるのか全然読めなくて
徐々に明かされていく謎に最後までずっとハラハラしっぱなしだった。内容的には結構
エグイ話なんだけど、最後のオチも含め脚本が秀逸だし、あえて直接的な表現や余分な
装飾を省いたカメラワークもすこぶる好み。だからなのか、かなり胸クソの悪くなるような
登場人物の行動にも、そこまで嫌な気分にならず、それよりも先の展開が気になる
気持ちの方が大きいの。はっとするような美しさと心からゾワゾワする怖さが共存
していて、なかなかの突き抜けっぷり。終盤の少女の目がほんとに怖くて、しばらく
忘れられそうにないなと思う一方、チュロスが食べたくなっちゃうという。
脚本も自身が手がけたというカルロス・ベルムト監督、これが劇場デビュー作だなんて
信じられない。アルモドバルが絶賛したというのも納得の出来でした。
好き嫌いが分かれると思うけど、ハマればものすごく面白いと感じるはず。


『レヴェナント 蘇りしもの』 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ ★★★☆

劇場にて鑑賞。
予告編を見た時点であんま好みじゃなさそうと思っていたんだけど、いやでもイニャリトゥ
だし、レオのアカデミー初受賞だし…と奮い立たせて鑑賞したところ、血とグロいのが
苦手な私にはダメなタイプでした。カナダで撮影したという大自然の映像は美しいし
一体どうやって撮影したの?という大迫力シーンも満載で(ルベツキすげえ)、
ストーリーの着地点も想定内とはいえ綺麗にまとまってて、レオの演技は壮絶だし
…全体的には完成度の高い作品なんだけど、なにせ一番印象に残ったのが
血生臭さなんだよねぇ。悪党のフィッツジェラルドなんかよりも、熊をはじめとする
大自然の驚異の方がよっぽど恐ろしいし、私的には馬布団がピークだったよ。
考えてみたらイニャリトゥ作品はいつも万人受けするものではなくて、方向性は違えど
息苦しいほどの圧迫感のある作品が多いんだよなぁ。『アモーレス・ペロス』や
『Biutiful』みたいに、重すぎる愛を描いた作品は大好きなんだけど。

今日のエース

hanami161.jpg

あっというまに4月。
昨日は狂犬病とフィラリアの注射をしに獣医へ。
以前はフィラリアの錠剤を毎月飲ませる必要があったけど、年一回の注射に変わってから
随分楽になりました。(エースは食い意地がはってるから飲ませるのは楽なんだけど
たまに忘れちゃうことがあるので。)

hanami163.jpg

今日は、花見がてら川原まで散歩に。
曇天で風が強くて全く花見向きの天気じゃなかったけど、桜はちょうど見頃で美しかった~。

hanami165.jpg

種類とか全然知らないけど、濃い目のピンクの桜の方が好き。

hanami162.jpg

冬の間は服を着せるので普通の首輪にしてたけど、今日からハーネス解禁です。
引っ張りが減る分、散歩の時はやっぱりハーネスの方が楽だな~。
次に首輪を買うときは、ハーフチョークも検討すべき?

最近みた映画まとめ(2016年1~2月)

hateful8.jpg

まずはアカデミー賞について。
いやぁ、ついに…でしたね!レオ、本当におめでとう~!!!
私は特にレオのファンという訳じゃないんだけど『ジャンゴ 繋がれざる者』といい
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』といい、最近いい感じだな~と思う事が
多かったので、念願かなっての今回の受賞はめちゃくちゃ嬉しいです。

イニャリトゥも監督賞受賞、おめでとう!2年連続とは予想外。
予告編を見る限りではあまり好みのテーマじゃないというか正直惹かれないんだけど
イニャリトゥを信じて『レヴェナント』は観に行く予定。

モリコーネが作曲賞初受賞というのは意外。
『ニュー・シネマ・パラダイス』のイメージが強くて、初期に西部劇音楽を提供してた
なんて知らなかったんだけど、『ヘイトフル・エイト』の音楽はすっごく良かった。

少し前ですが、アラン・リックマンの訃報についても少々。
あんなにセクシーで魅力的な悪役を演じられる人はなかなかいないし、スネイプを
演じるのが彼でなければ、そんなに好きにはならなかったかも、と思う。
まだまだこれからも活躍できたのに…と思うと、ほんとうに悔しくて悲しいけれど、
どうぞ安らかにお眠りください。

『ロビン・フッド』とハリポタシリーズは手元にあるけど、やっぱり『ラブ・アクチュアリー』
借りてきてもっかい観よう。『シャンプー台の向こうに』もかわいくておすすめ。



以下、1-2月に見た作品まとめ
(★…星1個 ☆…星半分)

『ひつじ村の兄弟』 監督:グリームル・ハゥコーナルソン ★★★★

劇場にて鑑賞。
予告編や邦題から、ほのぼの系映画かと思っていたら、存外シビア。
隣の家に住みながら、何十年も仲たがいしたままの老兄弟二人が、歩み寄る
過程を描いているのだけど、そのきっかけになるのが羊の疫病問題。疫病が
発覚してから羊たちの殺処分や補償に関することまで、一連の描写は
なかなかにツライものが…。そうやって羊のことを前面に出しつつ、田舎村の
生活の様子や、美しくも厳しい自然も描いているけれど、何と言っても主役の
おじいちゃん達二人が、かわいくって!自分勝手で人の話を聞かない頑固な
兄と、一見聞き分けの良い優秀な弟という図式だけれど、実は弟の方も
芯が強くて頑固な所が似たりよったり。
厳しい現実だけじゃなく、至る所にユーモアも散りばめられていて
地味ながらも印象に残る作品でした。


『オデッセイ』 監督:リドリー・スコット  ★★★★

劇場にて鑑賞。
原作『火星の人』が面白いと評判だったので気になっていた作品。
近年観た宇宙を舞台にした作品(『ゼロ・グラビティ』『インターステラー』)は
実はあまりピンとこなかったんだけど、これは面白かった~!!
私の場合は科学的な理論の整合性は分からないので、そういうのが気になる人は
ツッコミどころもあるのかもしれないけど、物資や通信手段の限られた絶望的な
状況の中で持てる限りの知識と知恵を絞って、最善を尽くすというのが
見ていて気持ちいい。あからさまに足を引っ張ったり、ミスをする人がいなくて
それぞれの人がそれぞれの立場でちゃんと役割を果たしてる感じが好き。
何より、主人公のキャラクターがすこぶる良い。ユーモアと良識とガッツがあって、
なんとしてでも助けてあげたくなっちゃう。マット・デイモンはハマリ役ですね。
彼の火星の生活ぶりをもっと見ていたかったよ。
話の本筋とは関係ないけれど"ショーン・ビーンとエルロンド会議"という個人的に
嬉しいサービスシーンがあって、思わず大声をあげそうになってしまった。
ショーンBカッコよかった…。なんというナイスなキャスティング!


『ヘイトフル・エイト』 監督:クエンティン・タランティーノ ★★★★

劇場にて鑑賞。
楽しみにしていたタラちゃんの新作。
好きかと言われたらそうでもないけど、面白いか面白くないかと言われたら
すっごく面白かった!!という。登場人物はクズばっかり。クズ同士のぶっ殺し
合いなのであまり意味はないけど、ミステリー仕立てのストーリーと、何より
無駄な会話が楽しい。リンカーンの手紙のくだりが、最高すぎる!!
なんとなく『レボア・ドッグス』の西部劇版という雰囲気だけど、レザボア
ほどの爽快感はないかな。序盤から中盤にかけてのハラハラ感に比べて
最後のオチが少々弱い気がするけど、脚本流出の関係でラストを
書き直したそうなので、仕方ないか…。
悪党どもの中でも、サミュエル・L・ジャクソンがほんっと楽しそうに悪役ぶりを
披露してて良い。久々のティム・ロスも嬉しかったけど、最初はキャンキャン
煩さいな~くらいに思ってたウォルトン・ゴギンズ演じる自称保安官のキャラが
終盤にかけて妙に癖になってきたvv
噂の悪女、ジェニファー・ジェイソン・リーも素晴らしく良かったです。


『博士と彼女のセオリー』 監督:ジェームズ・マーシュ ★★★★

DVDにて鑑賞。
映画と現実は別物と分かってはいても、実在の人物をモデルにしたお話の場合
実際の所はどうだったのかとかどうしても心に何かひっかかって、すっきりしない
というか、純粋に楽しめないことがあるんだよね。存命中だったり、亡くなった
ばかりの人の場合は特に。今回も気になって、後で調べたりはしたものの
一つの映画作品と割り切れば、面白かったです。
ホーキング博士の偉業については深く語られてはおらず、妻のジェーンを中心に
彼らを取り巻く人達のお話がメイン。難病や介護の過酷さについても触れられて
いるけれど、あまり生々しい描写はなく、基本的にどの登場人物も嫌な描かれ方
をしていないので、そういう意味では見やすい作品。博士とジェーンのやりとりに
キュンキュンし、後半は切なくなってしまう。クリケットのシーンが好き。


『ギリシャに消えた嘘』 監督:ホセイン・アミニ ★★★☆

DVDにて鑑賞。
ヴィゴ主演のクライムサスペンス。
ヴィゴ演じる主人公の投資詐欺師が、頭が切れる割には妙に間が抜けてるというか
詰めが甘いし、どうにも微妙な流れだったのだけれど、期せずしてガイドの男と
一種の共犯関係のようになった辺りの、二人の空気感は面白かったな。
お話そのものより、古典的な雰囲気と、ギリシャの風景も含め美しい映像、
キャストの演技は良かったので、そういった意味では楽しめました。
全体としては、なんか惜しいな…という作品。


『アントマン』 監督:ペイトン・リード ★★★☆

ブルーレイにて鑑賞。
シンプルで分かりやすいストーリーと、テンポの良さで、最近のマーベル作品の中では
力を抜いて気楽に見られる感じ。普通にアントマンがいいキャラで、好感度は高め。
序盤の31の件が面白かったvvファルコンとのやりとりに、思わずニヤニヤ。
ここからシビルウォー参戦に繋がってくんだなぁ。
ヒロイン兼、今後ヒーロー役として活躍しそうなワスプ、どこかで見た顏だと思ったら
タウリエルじゃん!女性ヒーローにしては年齢設定が少々高めな気もするけど、
相変わらず戦う女でカッコイイ。続編もあるらしいので、ちょっと楽しみ。

アラジン 遠赤グラファイトヒーター

arajinace.jpg

寒さに負けて買ったアラジンのヒーターが、とっても良い。

主に洗面所で使ってるんだけど、400Wという数字から想像するよりも存外暖かいです。
近くに置いてしばらくすると400Wでは熱く感じるので、途中からは200Wに切り替えて
使うことが多いくらい。広い部屋にこれ一台では物足りないだろうけど、洗面所の
ようなせまい空間にはバッチリ。

ずっと昔に買った小型のファンヒーターは使い勝手が悪くて結局押し入れにしまったまま
になっちゃったけど、暖房器具もずいぶん進化してるな~。つけた瞬間暖かいし、
電気代安くてコンパクトで、言う事なし。

いつもお風呂に入っている間、ドアの外で出待ちしてるエースのためにも買ってヨカッタ。
新しい家具とか家電にマーキングすることが度々あるのでちょっと心配だったけど、
今のところは大丈夫みたい。

arajin3.jpg

真っ白じゃない、アイボリーっぽい色とシンプルデザインもお気に入り。
アラジンのワンポイントマークもかわいい。

最近のエース

ace160214-2.jpg

彼はすぐにブランケットを破いたり穴を開けちゃうのだけど、いつもうまい具合に
破れ穴を再利用してるので、もしかしたらわざとなのかもしれない。
(と、いう疑惑)

先週末は小春日和だったらしいけど(一日中引き籠ってた)、家の中は案外寒くて
やっぱりブランケットにくるまってました。

LOTRの特典映像は全部見終わった!ホビットはあと半分~
楽しいからついつい見ちゃうけど、終ってしまうのが寂しい・・・

亀の子スポンジ

kamenokosuponji.jpg

1月も3週目となると完全に平常運転ですね~(当たり前)
師走の忙しいけどワクワクした感じ、元日の静かな感じが好きなので、ちょっと寂しい気分。

新年早々地味な話ですが、亀の子束子さんの亀の子スポンジを買いました。
レトロなパッケージデザインと、単色のグレーと白というシンプルな色目が素敵!
銀イオン配合で抗菌効果が高いのがウリだけど、私の場合は完全にパケ買い。

ややコシのある荒目のスポンジで使用感は普通なんだけど、過不足なく使い勝手がよくて
全体としては気に入ってます。水キレもいいし。

たかがスポンジだけれど毎日必ず使うものなので、できればお気に入りを使いたい。
こういうのを歴史のある会社が本気で作ってくれるのって嬉しいな~。
ホームページもかわいいので、つい色々ながめちゃう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。